ENTRIES
COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode

リンクについて
リンクはご自由にどうぞ!
※バナーを貼っていただける方はお手数ですが下のバナーより画像をお使い下さい。
banner
バナーです。こちらからお使いください。


LINKS
SPONSORED LINKS

OZERO

こちらは作家samanthaが書いている創作世界のお話と挿絵、日々の落書きなどを綴っているブログです。リンク、コメント、トラックバック等、お気軽に。イラストやお話等のお持ち帰り、無断転載、転用、加工等全ての事は一切禁止です。ブログ内の全ての画像、文章の著作権はsamanthaにあります。
かつて

JUGEMテーマ:創作イラスト

 

今日の絵は前回に続きフィリアと00-ジャックの旅シリーズ的な。

彼らの旅の様子を記録的に描いた楽書きみたいな感じです。

もう何枚か描けたら描きたいぞ。

 

以下絵の話。

 

----------------------------------------------------------------------------------------

 

今日訪れたその場所は、かつて栄えたであろう面影を残す建物や道具で溢れていて、

どうしてここがこんな風に人々の記憶から忘れ去られ朽ち果ててしまったのか、

正直少しだけ興味が湧いた。

 

ここに住んでいた人達も骨の姿となり、

具体的な形を保てているものが僅かしか残っていない事から、長い月日の経過を感じた。

かろうじて形を保っていたものには植物が絡み、花を咲かせ、小さな生き物たちの住処となり、

自然の中に綺麗に溶け込んでいた。

なんて形容していいかわからないけれど……

オレからするとそれはそれでひとつの芸術のようだった。

 

ここは他国との戦にでも破れ滅んでしまったとかそんな所だろうと思っていたのだけれど、

どうやらそれも違うらしい。

ある場所へ行くと強い衝撃があった痕跡が見られ、そこから放射状に亀裂が入っていた。

地面にも、建物にも、

あらゆるものに大きな亀裂と影響を与えたその衝撃がこの集落を死へ追いやった事は一目瞭然だった。

フィリアは「これはきっと雷が落ちた跡だわ。それもとても大きなもの」と言った後、

複雑な顔をして黙り込んでしまった。

こんなに大きな雷が落ちるのかと疑いたくなるほどの衝撃の規模。

とにもかくにも、天災に対し文明は無力だったのだろう。

 

その雷の落ちたであろう場所から少し歩くと、神殿らしき建物があった。

当然そこの中も朽ち果て、いたる所に植物が生え渡っていた。

中には大きな神像が、静かに目を閉じただただそこに立っていた。

誰も訪れないこの場所は、妙な神聖さを醸し出し、

そこだけ時が止まったかのような不思議な空間を作り上げていた。

フィリアはその像をじっと見つめ口元に手を当てたまま、

悲しい顔をして目には涙を浮かべていた。

 

忘れ去られた神の存在は、ただただ虚しいだけだった。

 

 

                                                               -00-ジャックの日記-

 

-----------------------------------------------------------------------------------------

 

行った場所の日記。

00-ジャック日記つけてんのかよぉって感じだけど、こっそりつけてるかもね。

 

因にフィリアはこの集落で何があったかは知っています。

ゾウウの像が朽ち果てている姿は例え像であったとしても見ていて虚しくなるもの。

自分の育ての親のこんな姿見たくないよね。

思わず涙がこぼれてしまったという感じです。

 

この村についての話もついでに書いてしまったのですが何時も通り長いので!畳みます。

ついでの方が長いっていう(笑)

ご興味がありましたら、村の話もどうぞ。↓↓

続きを読む >>
| 【お話】00-ジャックの旅とそれに関わる人々 | 15:59 | comments(2) | trackbacks(0) |
ランチ

JUGEMテーマ:創作イラスト

 

森にて。ランチ。

 

今日の絵はフィリアと00-ジャック。いつものにこいちです。

去年はあまりオゼロの住人たちの日常シーンを描けなかったのが少し心残りだったので、

今年はまた前みたいに沢山描いていきたいなと思っての楽書き。

 

細かい所は潰れちゃったけど、実はサンドイッチもぐもぐしています。→おいしい!

今日は贅沢にハムをたっぷり挟んだハムサンド。

 

00-ジャックはレクムを探して世界中旅をしてまわっています。

フィリアはそれに(勝手に)ついていっている状態。

00-ジャックはフィリアに旅の目的は教えたくない(というより教えられない)

と思っているので"人を探している"という事以外は伝えていません。

フィリアも余計な干渉をするとこの人は自分を拒絶するであろう事はなんとなく分かっているので、

亀の歩みレベルで少しずつ距離を縮めて今はこうして隣にいる状態をキープしています。

それは内面的な意味で、です。

 

そういう大事な所は慎重にしていますが、他はかなり大胆なので、

00-ジャックがフィリアが自分の旅についてくる事に対して拒否してもそれをスルーしてついてくるし、

(フィリアは00-ジャックの事が大好きなので)毎日挨拶レベルでナチュラルに好き好き言いまくるし、

所構わずハグしまくるし、

見た目からしてお嬢様かと思えば素手で魚や虫を捕まえたり、

スカートなのに木には登るわ高い所からも平気でジャンプするわで、

かなり00-ジャックを振り回している気がします。

色々と危なっかしく見えるんだけど、本人はそんな自覚は無いので、

あぶねぇえええええ!!!って思う事は大体00-ジャックが身を挺して止めにかかっている状態。

 

いい加減にお前は家に帰れよ!!!って何度も言われていますが、

勿論スルーします。だって一緒にいたいし。

というか正直この人ひとりにしたら色々な意味で心配だし、何しでかすか分かんないしというのが本音かもね。

どっちもどっちじゃん、って感じだけどな。ははは。

 

因に00-ジャックもフィリアの事について余計な干渉はしていません。

お互い表向きは"恩を返す側と返される側"という事にして一緒にいるので、

それ以外の事は"変に詮索したりしない"という暗黙のルールが彼らの間にはあります。

端から見たら変な関係ですが、その"微妙なバランスと距離感こそが彼らがちょうど良く収まるところ"なんです。

それがいいとか悪いとかは本人達が判断する事なので、彼らがいいならそれでいいんです。

まぁフィリアの周りの神様たちは心配して口を出す神様も居るけどさ。

そこら辺の話は前もちょろっと話しましたね。

 

暗黙のルールがだんだん無くなっていったり、一定の距離感が少し崩れたりなどなど、

未来にどうなるかという話も今後ちょいちょい小出しにしていこうかね。

 

実は先月まで絵を描く事が少し楽しくなくなってしまっていたのですがだんだん楽しくなってきた〜。

気持ち的なリハビリとして、こういう楽書き続けようかな。

色々少しお休みをして、描きたいものを描いてリフレッシュしよ〜。

 

 

 


 

| 【お話】00-ジャックの旅とそれに関わる人々 | 13:49 | comments(2) | trackbacks(0) |
のんびり

JUGEMテーマ:創作イラスト

 

今日の絵はスゥ君。

スゥ君沢山描きたいんだけど難しいんだよ〜。でも好き。純粋な子です。

スゥ君は滅多に怒らないけれど、尻尾を触られるとちょっと不機嫌になります。プンプン

でもスゥ君の尻尾はもっふもふで最高に気持ちがいいのでみんなは触りたいっていう。モフモフ

因みにスゥ君はうさぎの獣人じゃないです。

うさぎって言われるとまたちょっと不機嫌になります。プンプン

 

スゥ君が普段プンプンする時ってそんくらいかも。

食べる事と寝ることが大好き。のんびり屋の照れ屋さんです。

シャルル国の王子。その側近として行動を共にしている人がレクム。

積んだお花はスゥ君のお城に居候している女神ミランダへのプレゼント用。

 

シャルル国に住んでいる人や神様のお話ってここ数年全然してないねぇ。

またゆっくり描いていきたいです。

 

以下雑記。

 

続きを読む >>
| イラスト | 16:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
救い【追記あり】

JUGEMテーマ:創作イラスト

 

 

今日の絵は展示に出した絵たち。

内容的にちとお固い&明るくない話になるけどつらつら語っていきますね。

 

今回は【救い】と【加護】というタイトルの2作品。

どちらも”救い”というテーマでの連作となっています。

【救い】では複雑な生い立ちの現王ゾウウが前王(故)マザーによって救われた事を表し、

【加護】では現王ゾウウが今度は自らが苦しんでいる誰かに救いの手を差し伸べ加護を与えている様子を表しています。

 

ゾウウはマザーによって救ってもらった経験があるからこそ、誰かを救おうとする。

苦しんでいる側の気持ちも救われた時の気持ちも知っているから寄り添える。

マザーのした行いはよい連鎖を生んで自身が亡くなった今もその意思は後継者によって受け継がれているという何気に大きな意味を持たせてしまった連作ですが、話すと長くなるので途中から畳みます。

続きを読むにて。

 

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

【救い】

 

ゾウウと、頬に添えられた手の主は前王マザー。

 

度々お話していますが、ゾウウは幼い頃実の親から愛情を受けずに育ちました。

それ故感情や表情も乏しく、生きる人形のようにたんたんと過ごす毎日で、

そこに楽しさも嬉しさも悲しさも寂しさもありませんでした。

それを感じるための感情が備わっていなかったからです。

 

続きを読む >>
| 【お話】神様たち | 17:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
ホワイトデー

JUGEMテーマ:創作イラスト

 

今日の絵は遅刻ホワイトデーイラストでした。

去年はバレンタインしか描けず、今年はホワイトデーしか描けなかったので、

去年のバレンタインの続き(お返し)という事で。

小さい画面にふたりを入れるのに身長差は無視しました。はい。


なんでもいいけど人物苦手過ぎて装飾だけ描くイラストスタイルに変えた方がいいんじゃないかって定期的に思うんだけど、

それじゃオゼロの話進められないじゃん〜〜(泣)ってなる。当たり前すぎる。

もういっそ壁画みたいな感じの絵でむかしむかしあるところに……的な語りで進めるか〜!?

つか、壁画ってそっちの方が難易度高くない??

あの独特なデフォルメ感難しそうだけど描いてみたい感ある。

絵ってほんと難しいですね、終わりが無いし一歩進んだら二歩下がるみたいな所ある。

ま、文句言う暇あるなら手を動かせよ〜って感じなので、取り敢えず基礎からやりなおそう。

ひとり言でした。

 

以下会話。続きを読むにて。

 

 

 

続きを読む >>
| 年間イベント | 18:22 | comments(2) | trackbacks(0) |
ミモザの日

JUGEMテーマ:創作イラスト



もう3月入って9日目とか信じられないsamanthaです。

今月はどうやって乗り切ったらいいんだyo…

それより取り敢えずもっとブログを更新したいyo

 

昨日の3月8日はミモザの日だったらしいですね。

ミモザの日について説明すると長くなるので割愛しますが、

簡単に言うとイタリアでは男性が日頃の感謝の気持ちと共にミモザの花を女性に贈る日だそうです。

なんだこの素敵な日は。私にもくれよ。

ミモザって大好きなんですよね。可愛くないですか?

我が家のミモザちゃんは葉っぱしかありませんので春になったら綺麗に咲いてくれる事を願う(-人-)

 

 

 

話がそれましたが、今日の絵はつまりミモザの日のお絵描きでした。

フィリアは00-ジャックからもらいました、という一枚。

フィリアってこういうのもらうとずっと大事にしていそうだなぁと思います。

ただ大事にするその仕方が若干問題ありな気がするけど、そこのぶっとび具合がフィリアらしいと思う。

もらったミモザは永久保存版(?)として保管しておくため、

神様のよくわからないパワーで一生枯れない仕様にしてフィリアの宝物ボックスに大事にしまわれていそう。

そしてその過程を傍らで見ている00-ジャックは何も言えず若干引いている、というパターン。

とかいう流れは二人の間ではよくある事です。

文章じゃうまく伝えられんけど。

こういうのはきっと楽書き漫画とかで伝えられたらいいんだろうねぇ。

 

00-ジャックってちゃんとこういう日にお花とかあげるんだねって感じだけど、

見た目によらずそういうポイントは押さえている人です。

流石はレクムのクローン。レクムはそういうところに抜け目無い男なのだ。

 

オリジナルのレクムに比べて不器用なクローン、00-ジャックはこういう機会にありがとうの気持ちを伝えようとしているのかもしれません。

面と向かって言うのは照れくさいのだ。

 

 

 

おまけ。色をつけたバージョン。

普段はカラフルな絵が多いけど、少ない色数で纏めるのも好きなんですよね。

塗りの過程でちょっと面倒な部分があるので最近はめっきりこういう塗り方はしなくなったけれど、

好きな塗りなのでまた気が向いたらやりたいねぇ。

このくらいの複雑じゃない絵なら気楽に出来そう〜。

 

 

 

| イラスト | 11:04 | comments(2) | trackbacks(0) |
この兄にしてこの弟

JUGEMテーマ:創作イラスト

 

少しずつだけど落ち着いてきた〜。

もうちょっと色々終わらせたら映画見たり友達と会ったりしたい。

 

 

 

今日の楽書きはいつものにこいちファロア君とクレア。

一昨年に描いたのを去年更新しようとして忘れて今に至るという奴だ^▽^あるあるよくある。

ファロア君にとってクレアはペットではなく立派な相棒であり家族。

ふたりはお互い協力し合あいながらゾウウから命じられた仕事を日々こなしています。

仕事は効率よく完璧にこなすファロア君ですが、あれこれ悪知恵が働いたりイタズラに無駄に才能を発揮したり…

といった一面もあるので、弟が余計な事をしでかさないように、

ゾウウはクレアに外出中のファロアの事をちゃんと見張っててくれと密かに頼んでいたりします。

ファロア君は何かをやらかしてもそれを誤摩化したりもみ消したりする知恵があるから厄介だ。

なかなかの悪ガキである。

でも時にその悪知恵を上手く利用するのは兄貴。

この兄にしてこの弟である。

 

 

 

ファロア君の持っている杖は彼のシンボルのひとつであり武器。

亡くなった生き物の魂を最終的に生れ変わらせる為に王のもとへと返す事を〈還魂〉と言います。

〈環魂〉をする為には世界中にある魂を集めなくてはいけないのですが、その役目を担っているのがファロア君とクレア。

亡くなった魂は放っておくと魂を喰らう〈魔物〉に食べられて回収できなくなってしまいます。

その魔物に魂を食べられる事を防ぐために、ファロア君は魂を集めながら群がる魔物を退治又は追っ払っています。

その際にこの杖が大活躍します。

 

先端の尖った部分は伸びるので、少し遠くにいる魔物も刺す事が出来ます。

魔物は簡単に言うと雑魚ですが数が沢山居るので大変。

時々強い個体もいるし、魔物の数が尋常じゃないとファロア君たちも対処しきれないので、

そういう時は"ゾディアック"達(12星座)にヘルプを頼んで集団で戦います。

〈環魂〉の話は話し出すとまた長いので個別にちゃんと記事にします〜。

 

 

 

ん〜オゼロの世界の話を書き出している時が1番楽しいな〜。

どういう世界か、どういう神様や生き物たちが居るのかとかとか…

そういう所目に見える形で残したいから絵とか文とか書いてるから当たり前か。

たのしー。

 

昔の絵は今より良いものが沢山あるけど、今のいいところは当時にはないので、

昔の良い部分を今のものに上手く溶かしていきたいな〜と、過去の絵を見直す度に思います。

| イラスト | 21:26 | comments(2) | trackbacks(0) |
にゃー

JUGEMテーマ:創作イラスト

 

今日は何の日?猫の日ですね。にゃー。

時間経つの早過ぎだろ!前回の記事11日更新だったの?え?びっくりですわ。

毎日眠い。毎日更新したいとかコメントのお返事したいとか思っているけど気づいたら寝てるわ。

記事の更新とかコメントのお返事を書くの楽しいし息抜きになるのでもっとサクサクっと出来たらなぁ;

何事もマイペースにやらないと疲れるのでこんな調子ですが、お付き合いいただけたら嬉しいです。

細々と更新していますが、見て下さる方々どうもありがとうございます;;アリガタヤ〜。

 

んでにゃんの日なので2年前に描いた猫ゾウウをリベンジしてみたぞっていう楽書き。

本人は不満げ。リベンジする必要あったのか??的な不満だと思う。

描いておきながら私もそう思う。

どうせならフィリアとかで描きたかったかも。

ずっと昔にフィリアと00-ジャックとかも描いたっけ。懐かしい。

00-ジャックはあの髪型のせいか猫というより狼みたいになってしまったっけな。はははー


 

これはバレンタイン楽書き。

クレアからプレゼントですよ。

毎年何かしら用意してくれるクレアはファロア君の事大好き。

相棒のクレアからのプレゼントはファロア君にとっても特別。

 

ファロア君は兄貴である神王の使い(パシリと言ってはいけない)として世界中を飛び回っているため、

世界各地で目撃されているのですが、空を駈けるファロア君を見かけた人には幸運が訪れるとか、

そんな言い伝えが各地で広まっています。

で、当然そうなると世界のあちこちにこの少年神の像とかなんやかんやが設置されたりして

そこに旅人が立ち寄って祈りを捧げたり、お供え物を置いて行ったり、

ゾウウの胸像の話のように誰かが寒い時期にはマフラーをかけてあげたりするんですね。

バレンタインにはそこにチョコが置いてある事もしばしばなので、

ファロア君は出かけにそれらを回収していたりする。

今年も回収しに行くか〜的な。既に何個かゲットしているけどね。

 

因に今年のバレンタイン絵は全然間に合わなかった。

ラフは描いたけど今手付けられないから保留(泣)

来月頭くらいまで余裕無いですが、それから描くかせめてホワイトデー絵描きたいわ。

イベント絵もっと描きたいよー。泣泣泣



 

おまけ。猫の日だからこれも載せちゃおう。

この楽書きのにゃんこはこの時の猫だ→王はみんなのおとうさん

忙しいを理由にしないでちゃんと面倒見ているらしい、的な楽書き。

自分が拾って来たんだから世話をするのは当たり前ですけどね。

 

「お前最近ちょっと太ったんじゃ……って触るんじゃないこらやめなさい」みたいな。

うちの猫って寝ている時に時々顔触ってくるんですよね。

特に用事も無さそうなので暇だからただ起こしたいだけなのかもしれないけど、

暇に付き合わされて睡眠を妨害されるのはいただけないぞ!やめてくれ〜。

猫の行動ってほんと面白いよねぇ。妙に人間くさい所が特に。

 

 

 

話変わるけど今日は奇麗な夢を見た。

イチョウのような鮮やかな黄色い葉が野原一面に敷き詰められている場所で馬に乗って駆け回る夢。

頬をなでる風が秋風のように少しひんやりとしていましたが、サイコーに気持ちよかったです。

良い夢だった楽しかった!

 

少し前にはいつものように寝る前のお絵描きにとゾウウとファロア君を描いていたらそれを横で見ていたファロア君から「線がダメ」とか「もっと違うペンを使って」とかあれやこれやと駄目出しされるという夢。

いっちょまえに指摘してる〜ぷぷぷみたいな感じじゃなくて、指摘が的確すぎて笑えねぇ〜〜〜

って感じの夢だったのでもっと頑張りますはい。

 

はー息抜きしたから頑張るか〜。うかうかしてると2月が終わる。

 

 

| イラスト | 12:30 | comments(2) | trackbacks(0) |
夢って面白いな

JUGEMテーマ:創作イラスト   

 

   

 

お久しぶりです。少し落ち着いたので記事更新。

先週晩ご飯を食べた後体調を崩し死んでました。

もうあんな状態はこりごりなので体調管理しっかりしないと;

健康あってこそだからねぇ。今は治ったので大丈夫です。

 

今日の絵も寝る前のお絵描き達。

時間が出来たらあれこれ更新したいなぁと、日々色々思ってるんですけどねぇ、

いざ更新するときになると忘れる。忘れる前に更新したいもんだわ。

 

一枚目は青年ver.のファロア君と相棒のクレア。

ファロア君は命の時計を使って自分の成長時間を自由に操れるので、

大人の姿にもなれるわけだけど、あんまりその姿描けてないから今年こそもっと描くんだ〜!

普段は余裕面して小生意気な彼ですが、こんな表情もしますよ。不安げ。

クレアは不死鳥なので、定期的に自分の体を焼いて新しく生れ変わるという事を繰り返しているので、

絵では小鳥の姿だったり大人の姿だったりと、その時期によって体の大きさが違うよっていう小話。

 

 

んで、二枚目は兄貴。

落書きはペン画なんだけど、修正がきかない所があぁ〜って今更ながら思うんだけどさ、

バランスの悪い所とか自分の苦手な所が嫌でも目に見えて残るので、

今後成長する為にはそれはそれで大事かなとか思ったりもする。とほほ。

去年の暮れくらいから絵が迷走しているけどまぁ頑張るよ。

 

ゾウウは常日頃無表情気味なので、黙っていると怒ってると勘違いされる事が多々ある。

周りがそれで変に気を使ったりするのが、ゾウウ的には嫌で地味に悩んでいる所だったりするんだけど、

今回はちょっといらいらしているかもね、という微妙な表情。

無表情な人の微妙な表情の変化って描き分け難しい〜けど好き。

多分ゾウオと何かしら言い争いでもしたんじゃない?って感じです。

 

ゾウウとゾウオは一つのコアをふたつに割ってそれぞれが独立した体を持って生まれた神様。

コインの裏と表みたいな。コインってひとつだけど裏と表の二面があるじゃん?

ゾウウとゾウオはその二面がそれぞれ独立したようなもの。

違う一面を持っているけれど、もともとはひとつなので共通した部分も持ってる。

彼らを説明するいい例えが見つからない。うーん。


 

三枚目はレクム。謎ポーズ。手を描くのが昔から好きです。

何か考え事をしているんだろうなって感じ。

悪い事なのかいい事なのかは謎ですな。

レクムは何考えているかよく分からない掴みどころが無いような一面を持っているので、

そういう雰囲気も上手く表現出来る様になりたいわ〜。この人難しい。

そのうち一人で納得して行動に移しそう。

レクムの企みに巻き込まれるのはいつだってスゥ君である。

時に主ないがしろ系従者と化する男、レクム。


 

四枚目はそんな男のクローン、00-ジャック。

クローンだからレクムと容姿は殆ど一緒だけど、表情とか目の色とか鼻傷の有無でこんなに似なくなるのかよ…

とか今迄言わなかったけど若干思ってた。ははは…

00-ジャックはレクムよりもずっと単純で良くも悪くも自分の感情に対してストレートに生きているので、

それ故苦労するけど、ポジティブな言い方をすると純粋なのかも。

この顔で純粋とか言われてもって感じ、あるな。はは。

ひねくれ者ですが、ひねくれる人って根は素直だから世の中の理不尽に対する怒りの行き場がなくて、

結果ひねくれちゃう気がするのは私だけでしょうかね。

この顔で好物はチョコとイチゴ。因に甘党。

フィリアには振り回される。仕舞いに人からツンデレ気味のヘタレとまで言われた。ウケた。

今年はもう少しかっこいいところを表に出してあげたい。

はたして00-ジャックのかっこいいところとは…( ˘ω˘ )?


 

五枚目は先日見た夢の絵。

この前クレヨンが沢山並んだ棚を前にどれにしようか悩むファロア君にお勧めのクレヨンを渡したら

「えぇ〜これ?ってかあんた誰?」みたいな顔された。という夢を見たので落書き。

あんた誰って作者だよ…って感じだけど、なんかあの反応が正にファロア君って感じがしたので良しとする。

ファロア君は好きな人たちには従順だけど、その他に対して結構ツンツンしてるとこあるからな。

因に私が渡した色は2種類の青で最もスタンダードなクレヨンだったから不満げだったのかもしれないけれど、

後から様子を見に行ったらその色を使って絵を描いてくれていましたよ。

 

その日は立て続けにもうひとつ夢を見た。

何故かジャングルみたいな所にいたんだけど、そこでティラノザウルスみたいなでっかい恐竜に追いかけられたので、

持っていたスケッチブックに描かれた絵をそこから抜き取って投げつけると、

描かれている人物達が絵から出て来て恐竜とバトルしてくれるっていう内用。

私が日々描き溜めた落書きとか作品とかからみんなが出て来て戦ってる様子凄く楽しかった。

ゾウウとか魔王とか、次々出て来てね、今思い出しても子供みたいにわくわくした気持ちになるわ〜。

 

その数日前は仮装大会とオリンピックがコラボしたカオスな大会を見に行った00-ジャックとフィリアが客席で言い争いをはじめ、その途中で00-ジャックが突然寝だし、起きたらある人に「フィリアちゃんも一生懸命がんばってるんだからそこ理解してあげないと」と説教をされるという変な夢でした。

言い争いの最中に00-ジャックが「ごめん!ねるわ!グゥ」みたいな感じで突然寝だしたの謎過ぎたしウケた。

フィリアも動じずな所が流石ですって感じだった。夢って面白いな。

 

それよりもっと前はゾウオが叶○妹に自販機でCCレ○ンとバナナオレを買って渡すという意味不明な夢を見た。

セレブに自販機のジュースを渡すっていう。

何故そのチョイスなのかを尋ねると「好きそうだから」っていう返答。

センス謎過ぎ。夢って面白いな!

毎日夢を見るので時間が経つと忘れてしまうけれど、

マザーの住人達が出て来た夢はせめて忘れないうちに書き残しておきたいな。

 

 

 

| イラスト | 15:21 | comments(4) | trackbacks(0) |
あたたかくしてね

JUGEMテーマ:創作イラスト

 

ここ数日暖かいけど少し前は絵のように大粒の雪が降っていました。

ので、この絵を描いている間、窓の外はいい資料でした。

大粒のふわっとした雪がぱらぱらと降っている様子がとても好きです。

 

今日の絵はいつもよりも線画の状態での描き込み量が少なくシンプルだったので、

気楽な気持ちで塗り始めたら全然終わらねぇ……と地味に時間がかかってしまったけれど、

色で遊べたので楽しかったです。特に空。

以下、絵のお話。長いので途中から畳みます。

 

----------------------------------------------------------------------------------

○お話○

 

今日の絵はクララ村に住むローラちゃんと、その村にあるゾウウの胸像という一枚。

ローラちゃん達の住む惑星マザーには沢山の国や村が存在しており、

各国や村の住人達はその土地を守って下さる”守護神様”をお招きし、お祀りしています。

国やら村を建てる時にその土地の守護神となってくださる神様をお招きする事は、

例えそこがどんなに小さな村であろうとも必ずしなくてはならない決まり事。

その世界共通の掟を破れば神の怒りをかい、その国は滅ぶと昔から言い伝えられています。

 

ローラちゃんが住むクララ村は花の神様クララが守護神としてお祀りされています。

クララ村の住民達は少女の面影を残すかわいらしい神様の事が大好きなので、

神殿には日々絶えず色々な物が奉納されているそうです。

クララもその見返りとして花の神としての加護をこの土地には沢山与えています。

お陰でクララ村は小さな村にもかかわらず花の生産&出荷量が世界トップクラス。

"世界でいちばん美しく花が咲く場所"としても有名です。

 

続きを読む >>
| 【お話】花の村(クララ村) | 13:41 | comments(2) | trackbacks(0) |